【内勤】この例えなら言いたいことが伝わりますか?

= 内勤希望 =さん

的確な例え話ができるオジサンになりたいと願う今日この頃。
この例えなら言いたいことが伝わりますか?

若い頃、草野球に夢中になっていた時期がある。
当時、ポジションはピッチャーを任されており、チームメイトからは
「速球130km代は確実に出ている」と強肩を褒められた。
素人が集まってチームを結成した草野球レベルでなら
球速は決して遅い方ではなかったと私は今でも思う。
最近になって、知人に若い頃の球速130km代の話をしたところ
「それって凄いのですか?」の顔をされた。
野球に疎いからなのか、どうもいまいちピンとこないようだ。

それならば、野球未経験者とキャッチボールをした際に
相手から「ボールが早すぎて怖い」と断られたこともあったと話すと
「そりゃ素人ですから」とそっけない返事を返しやがった。
その場での話は終わったけれど、釈然としないモヤモヤが残る。

ならば、この例えならどうだろう。二十代の頃の話である。
学生時代の友人から応援要請でソフトボールの試合に誘われた。
試合会場は北谷町にある北谷公園ソフトボール場。
野球場に比べるとソフトボール場は一回りサイズが小さくて狭い。
相手チームのなかにプロ野球のプロテストを受けた結果が
〇次試験までは合格したらしいと噂の猛者がひとり参加していた。
その猛者が試合前の練習で強肩のデモンストレーションを見せ
ホームベース上から外野に向けてソフトボールを投げると
そのボールはホームランの如く外野フェンスを越えて消えた。
その場にいた目撃者からは「スゲー強肩だ。スゲー」と驚きの声。
流石に強肩だなと思いながら、自分も送球にチャレンジしてみたところ
投げたボールは猛者と同じように外野のフェンスを越えた。

肩の強さを自慢するのに、この例え話で言いたいことは伝わりますか?

23 Comments.

かんちゃんさんより

予め答えを予想して聞いてる
その答えは「俺氏スゲー」
そもそも甲子園自慢すらウザイです
天の邪鬼な自分は素っ気ない返事をするでしょうね
ちなみに野球は好きです

BAさんより

時代は流れ変化する
年寄りになるにつれその変化に対応出来ない
でもそれに気が付くようになりたい
自画自賛が恥ずかしい時代遅れの昭和の価値観で
聞かされる年下は苦痛であることを

・・・さんより

ピッチャーが何キロ投げてるか分からないから
例え2番目が私には分かりやすい。

でも内勤さん、話しが長いしこんな事話しされても、ふーん・・・だから何?って感じかなー。

ペーペーさんより

云いたい事は分かります。しかし経験、知識ゼロの人間にどんなに力説しても無駄。いまいちピンと来ないはず。
例えるなら、内勤さんはユタ、拝みスレにはあまりコメントしないじゃない?それはおそらく
興味、知識、経験がないから。コメントできない。それと同じで、興味の無い話しを伝えるには、相手を引き込む話術が必要。そのスキルを磨くか、早々と諦めるか。

猫さんより

130kmは速い!!!!

しかし小学6年で130km投げるのがたまに居る沖縄  中学で148キロ投げた津嘉山ケンシロウ一年で大阪桐蔭に良い勝負した

主さん130kmは速いですよ。

とくめいさんより

褒められたいならまず相手を褒めよう。
長い話も相手の時間を奪う時間泥棒です。
会話を奪うのも会話泥棒です。
相手の立場になって話しましょう。

インテリジェンスさんより

野球やって、その記録は凡人だと思う。
中学生の時に野球部に130後半は何人かいたし、俺は野球した事もない帰宅部だったけど、中学生の時にスポーツテストでソフトボール投げがあったが85m投げて学年で1番だったが、あくまでも同じ中学での1番であり、同じ市や県や全国で比べたら凄くもない凡人レベルだと思ってる

ロックオンさんより

強肩ってそんなに凄い事なんですか?
他に自慢できることはありますか?
でも自慢する上司ってウザがられますよ。
特に強肩だなんて本当に社会生活では全く意味を持たないでしょ?
たとえ話を替え色々自分の強肩の凄さを誇っても
その強肩自体が大したことではないのでスゲーって思いませんよね。

のりさんより

主さんの希望する答えを出してあげられそうにないですね。
私も野球とソフトボールに興味が無いので幾ら例えられても知人と同じ反応しかできないです。
何となくすごいような気がするなって感じで流してしまうかも

ararechaoさんより

過去の話しでしょ?
こんな話しを聞かされる側だと
面倒くさい( ꒪ͧ-꒪ͧ)
現在の話しの例えならいいかもね!

内勤希望さんより

しょうもないスレにコメントしていただきありがとう。

今回のコメント優秀賞はインテリジェンス瑞慶覧さんに決定。パチパチパチ

強肩の中学生が何人も揃った中学校で、スポーツテストのソフトボール投げで
帰宅部でありながら85mを投げて学年で1番になったと。さり気なく自慢しながら、同じ市や県や全国に比べれば凡人レベルだと謙遜してみせる。さすがです。コメントの勉強になります。

ちなみに、ソフトボール場のサイズでいうと70mを投げないとスタンドイン出来ません。85mを投げる中学生は凡人レベルではないと思います。

ところで、中学校のスポーツテストでソフトボール投げを測定したらしいが、
私が知る範囲において、ソフトボール投げは小学校で実施。中学生はハンドボール投げを測定しているはずですよ。

ロックオンさんより

ソフトボール投げ(笑)
それを大人になっても自慢したいの?小学生の頃なら理解できるけど
大人がソフトボール投げの自慢とか強肩を自慢とか自分の周りにはいないっす。ハズクないっすか?

ちょむすけさんより

何故、自慢したがるのか良く分からない。
自慢したいなら、同じ競技経験者にしたら良い。無関心の方にいくら説明しても関心無いし、何ならこいつ面倒くさい。と思われるだけ。
そういうのは、何かの機会に披露する時があって、その時周りから称賛されるものでは駄目なのかな?

BAさんより

破廉恥(はれんち)と言う言葉がある

50歳以上なら昔、ハレンチ学園と言うマンガがあり性的なことと思われがちだが本来の意味は違う

とてつもなく恥ずかしい言動をしているのに当の本人はその自覚が一ミリもないこと
これを破廉恥(はれんち)と言う

団塊の世代なのに頭の作りは中学生で止まったまま成長していない

私はそんな人を知っている

例子さんより

例え話って、その話の内容が理解しやすいように別の物で例えてみたり、対比できるものがどいいったもの(程度)かを聞かせたりするから『例え話』なんじゃないかな。
主さんのスレを読んだけど、例え話にはなってはいないと感じました。
野球に興味がない、経験もない方からすると最後までピンと来ないままなのは仕方ないだろうな・・と思う。

内勤希望さんより

仕事で記入例の作成に携わった経験がある。
振り返ると反省点も多く作成は一筋縄では行かないとの印象が残る。
回答者の参考や手助けになるよう良かれと思って作成したつもりの
安易な考えが想定外なトラブル発生の原因になったりしたから。

稚拙な記入例の存在で支障を来したのは・・・
多いのが丸写し。楽だし考えなくてもイイからだろう。
記入例だから間違いではないはずだとして書き写すみたい。
それが実情と合致していたら問題なしではあるけれど
回答者本人にヒアリングすると状況は異なっていたりして。
記入例の中から選べ的なミスリードの発生元になるんだな。

「記入例と理由が一致していないからダメですか?」
との問い合わせが有ったりもした。そんなことはないです。
自分の理由を考える自由な発想を阻害しちゃうみたい。

また記入例の文言に過度に囚われてしまう方も稀におり
「この理由に納得出来ない」とクレーム紛いの電話を
受け付けたこともあった。あくまで記入例なんだから
そこまで拘らなくてもと内心では思ったけど。

下手に記入例を作成して目に触れさせることで
自分で考えたり、自由な発想の妨げに作用する場合もある。
無いよりは有った方が断然便利だと思うんだけどね。
意味不明な誤った記述をされるよりかは・・・難しいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です