【心】県外の大学に進んで、メンタル不調

= さわ =さん

私は県外の大学に在学中にうつ、パニック障害を抱えました。
卒業して数年経ち、やっと症状とうまく付き合えるようになりましたが、一生向き合う病気だと思います。
内地の大学に進学すると、沖縄との文化の違いから、メンタル不調になる人は多いそうです。
私は18歳のときには内地は漠然としたイメージで、関東と関西の違いだとか、内地の山奥の暮らしがどんなものか全然知りませんでした。。(大学は山の中にあり、夏は非常に暑く冬は非常に寒かった)
今思えば、知り合いのいない環境で頑張りすぎてました。

県外に進学予定の人がいたら、オープンキャンパスなどにはぜひ行くことをおすすめします。
沖縄か県外か、という視点だけではなく、県外は土地それぞれの文化、利便性、気候などがあることを知っていたら、だいぶ変わります。
それから自転車には乗れたほうがいいです。
行ったことのない土地での生活&勉強は、鍛えられますが、なかなかつらいです。

9 Comments.

とくめいさんより

生きる力=知・徳・体
知力、精神力、体力
全国に主さんのように環境の変化に弱い人がいて、それぞれがそれぞれの位置で活躍しています。己を知ることはいいことですよ。違う環境で切磋琢磨しながら乗り越えられる人はそうすればいいし、主さんは主さんに合った生き方をすればいいだけです。

まりさんより

大変でしたね。
自転車に乗れた方が良いのは私も実感しましたよ。
進学前は旅行などで県外へ行きませんでしたか?
親戚は県外に住んでいませんか?
私の場合、37年前でしたのでバイト先や寮、アパートの近くの方は物珍しい感じで話し掛けてくるおじちゃん、おばちゃんもいましたけど学生同士は沖縄を知る人も多くいましたから普通に過ごしてました。
ただ沖縄のように人との精神的な距離感は近くないので最初は戸惑いましたけどね。
私の父も県外進学組でしたから幼い頃から県外へ行く時の注意点(?)は聞かされていて、父の姉弟も県外進学組で従兄弟も県外へ出てるので良い点も改善方法も聞いてました。
各都道府県に沖縄県人会もありますし、今は何処にでも沖縄の人は住んでいますから辛くなったらSNSで繋がっても良いと思います。
でも意外と向こうで暮らすと九州や北海道の人と気が合うのよね~
私の子ども達も2人は県外に進学してます。
地元沖縄も腰を落ち着けて住むには心地よいので私夫婦はずっとこのまま沖縄でのんびり暮らしますが子どもは自分で選べば良いと思います。
辛くなったら帰っておいで~って田舎に実家があると安心なんじゃないかなーと思ってますけど。

maruさんより

さわさん
よく頑張って乗り越えましたね。
すごいと感心します。
また,これから県外へ進学する後輩に向けてのアドバイスもありがとうございます。
とても参考になると思います。
これから,さわさんが自分の人生を自分らしく歩んでいくことを願っています。
頑張ってね!!
普段はみるだけでしたが,今日は,さわさんにエールが送りたくてコメント書いてみました。

シギーさんより

パニック障害ですか。大変でしたね。内地の大学(内地の他の都道府県の大学も同じだと思うし、北海道の人間が九州大学に進学だと距離的にはもっとある)に進学するだけでその様に病む人間は多くありません。圧倒的少数でしょう。関東と関西の違いなどはその前の高校時代までには朧気でも分かるのでは?内地の山奥の暮らしがどんなものか全然知りませんでした。。(大学は山の中にあり、夏は非常に暑く冬は非常に寒かった)なども、自分が本気で進学したかった大学なら予備知識として当然持つべきものです。むしろ「全然知らなかった」という方が驚きです。大学進学も地元でないのなら当然知り合いなども少ないかいないかでしょう。新天地であるその大学で知己を拡げていくのが大学生なのでは?
進学先のオープンキャンパスも良いとは思いますが、たかがオープンキャンパスに数日と数万円以上掛けて行っても、その数日の事しか分かりませんし、当然、年中の気候などその一瞬(数日間分)しか実感できません。その他資料や、ネット情報、高校の先輩の話が聞けるなら聞く、などで充分では?
自転車に関しては「地方都市」の大学なら必要な場合もあるかもしれませんが、首都圏(東京圏)や関西圏(大阪圏)の大学なら全く不要ですし、ましてや自動車など足手まといです(駐車料金が高い)ので、自動車免許などすら不要です。就活で「自動車免許」が必須など程度の会社って、普通の感覚ではそれ程良い企業ではないのでは?主さんは何故「自転車」が必要だったのですかね?地方の大学ですか?内地内地という前に、○○県だとか東京だとか都道府県を挙げた方が良いですよ。内地って十把一絡げなのは「沖縄」だけの感覚です。行ったことのない土地での生活&勉強は、鍛えられますとありますが、「内地」ではそんな事は普通ですよ。

ななしさんより

主さんよく頑張られましたね。
ゆっくり病気を治してくださいね。

どこの土地でも合う、合わないはあると思います。
逆に内地から沖縄に来て文化の違いなどでメンタル病む人もいるし、
人それぞれだと思います。

寛容なりたいさんより

主さんからの実体験から書いてくれた県外進学組への心からのアドバイス
ありがとうございます。感謝です
我が身内にも同様な経験の方もいて不安もありました
うちの子も来年県外へ進学です
主のアドバイスをうけて親としてもサポートしていきたいと思いました

主さんの心の回復を願っています

ロンリーガールはどこへさんより

私も主さんと同じ経験をしました。
18歳で進学のために東京へ旅立ったのは良かったのですが、環境の変化について行けずに一年足らずで退学、帰沖しました。

当時の交際相手とは遠距離になり、仲の良い友人等とも離れ、家族とも離れ、毎日寂しく過ごし、声をかけてくれる新たな友人にも馴染めず、負け犬気分でした。

本当は仲良しの友人と従妹の三人で同じ学校に進学する予定だったのですが、私一人だけ合格して独りぼっちになったロンリーガールというか悲劇のヒロイン状態。
計画性もなく自分の意思もグラグラで、世間をなめていた18歳でした。

帰沖してからは病的な落ち込み様で適応障害だったのか、鬱だったのか何らかの心療内科の対象だったと思います。

それから10年後、転勤で東京に住む事となり退学した学校の前を通ることも何度かありました。
こんなに素敵な学校なのに、新しく友人も出来ていたのに、何も受け止める事が出来ずに子供だったなと振り返っていました。

そして今、なんの偶然なのか娘がその学校に在学中。
寂しくないかと聞いても、「ラインで毎日話してるから大丈夫。」と。
友達できたかと聞いても「インスタでね。」との事。
沖縄の物を何か送ろうかと聞いても「アマゾンがあるから、いい。」と。

たくましいのか、ネットに助けられてるのか。時代だな。

よわいなさんより

趣味教室で知り合ったアジアの外人さん、
21歳留学で来日して、身内も知り合いもいない東京で、バイトやら学校やらなんとか頑張って就職したそうです。

転勤で沖縄に来て、またのゼロからのスタート、友人も知り合いもいない、
やっと東京に慣れたのに沖縄はまた全然違う文化と雰囲気
頑張って免許を取って、沖縄の風味に慣れて、なんとかやっと落ち着いたと。
すごいと正直思いました。
日本の若者はメンタルも生きる力も弱すぎます。
若者が一人暮らしで賃貸や水道など契約もしないといけない、大変だよって騒ぐ動画もみたことあります。
甘すぎます!
日本の未来が心配だよ

マッシュルームさんより

人それぞれですよね。
私は東京の大学出ました。はじめは大変でした。はじかさーだから、自分から見知らぬ人に話した経験などなく
でも新人歓迎会とかあると、隣の人と話す、そこからまた知り合いが広がる
試験勉強前は過去問交換し合う
ご飯いったり、遊園地いったり、旅行いったり
辛いことも多かったけど、楽しいことはそれの何倍もありましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です