【仕事】連帯責任の是非

= 花花 =さん

他県での話ですが、市役所の某課のミスで4億円の損害が発生したそうです。
その補填のため、全職員の給与を少しずつカットして充てたと。
連帯責任で落とし前をつけた訳ですが、今どき連帯責任かーと思いました。
労働組合もよく承認したなーと思います。
会社で何か損失が発生したとき、全社員で連帯責任だ!と言われたら納得しますか?

11 Comments.

にんじんさんより

お金は空からは降ってきませんよ。
当事者個人に負担させる→無理
市民に負担させるつまりは税金で補う→選挙で勝てないから無理
お金は湧いてもきませんよ。

ペーペーさんより

役所は、別のどこかから補填ができないからしかたないってなったかもね。
住民に納得してもらう方法が他にないでしょうし。課長、部長のクビ切っても微々たるもの。

KIDさんより

連帯責任か責任者一人に押し付ける
どちらを選びますか、と労組に決定させる。
その方が、皆さん納得するのではないかと
思いました。

ママさんより

責任の大きな仕事で
十分な収入を安定的にえてるなら
私なら払ってもいいです。

Officeさんより

職員によるミスのせいで莫大な被害が出て補修に4億も必要なのに、それを税金で補って原因である職員や関係者に何のお咎めもなしでは市民が納得するわけがありません。
市役所は二年で異動もあり得るのに、該当の課だけが負担するようにすれば誰もそこへ行きたがりませんよ。
自分は関係ないと他人事では、この先同じような事案が発生する恐れがあります。
このミスを風化させないためにも全職員が負担するのは良案だと思います。

かんちゃんさんより

これって任意?強制?
当然、市長の最終決断だと思うけど、議会はノータッチ?
反市長派が反対しそうなもんだけどね
そもそも法的に強制出来るのかなぁ?

ランタナさんより

下水道から汚水あふれる設計ミスで4億円損失、「市職員全員」の給与削減し穴埋め…市議会で可決(読売オンラインより)
2022/12/16 07:09

 茨城県常陸太田市の下水道事業で、設計ミスに伴い生じた費用計約4億円の一部を穴埋めするため、全職員の給与を減額する改正条例案が15日、市議会で可決された。来年1月から2024年3月まで、月給と期末・勤勉手当を市長ら特別職は5%、一般職員は1~2%減額する。全日本自治団体労働組合は、ミスで発生した費用を全職員で負担するのは異例としている。
 市によると、住宅団地の下水道工事を発注した際、汚水の処理量を誤って算出したため、4月にマンホールから汚水があふれ出た。6月には市が造成中の土地でも同様の不備が判明。ミスによる設計の見直しや改修にかかる費用は、計約4億円に上るという。
 市は全額を税金で負担することは市民の理解を得られないなどとして、全職員約560人で一部を負担することにした。
 条例の改正で捻出される約6000万円と、すでに特別職や担当の職員に行った減給や自主返納分の約580万円を充当する。このほか、市議会は15日、市議17人の議員報酬を2%減額する改正条例案も可決。この措置による約255万円を合わせた総額は約6835万円となる。
 宮田達夫市長は「議会が条例の趣旨を理解してくれ、市民への説明責任もついたかなと思う」と話した。

宮城さんより

公務員でも労働組合ありますよ。
ただし、団体行動権は制限されてます。

庶民の味方 正子さんより

↑の詳細内容なら市役所職員の連帯責任で良いでしょう。
市民に課税できないわな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です