【市民】反対運動にも世代間のギャップ

= Z世代 =さん

市民団体主催の県民集会の打ち合わせでタイトルとどうするか?で若者vs老人のギャップが浮き彫りになっているみたいです。

若者の意見は「憎しみや怒りのエネルギーが満ちている場所には若者は行かない。」とソフト路線を提案した様子。
それに対して老人は今まで通り拳を突き上げる怒りモードで開催したい様子。

結論は次回に持越しになったみたいですが、若者が集まらない原因はこういうところにもあるんですね。
このまま老人満足の集会を続けていると若者が集まらずに反対運動は自然消滅してしまうのでしょうか?
それもちょっと心配です。

18 Comments.

新人類さんより

たしかにー
新聞の投稿でも辺野古問題については高齢者の怒りに満ち溢れた内容が目に止まります。
怒りの感情が先行しているようで問題解決になるのだろうか?と疑問に思います。

くーぶいりちーさんより

だって若者(といいますか情報源が新聞テレビだけではない人)は日本米軍憎しという教育を受けてもそのまま洗脳されていない人が多いでしょうからね。

まだやってんの?さんより

それは沖縄の若者が内地の人並みになってきたという事です。つまり賢くなったのです。
内地の人達は極左暴力集団の闘争の歴史をよく知っています。そして、沖縄の人達はそういう事をほとんど知りませんでした。
内地の人達が辺野古の反対闘争を見たら、『極左活動家の奴ら、成田から居なくなったと思ったら、次は沖縄に現れて反対闘争をしてやがる。』などと思いますが、沖縄の大半の人達は辺野古の活動家を見て『沖縄の為に頑張る良い人達だ。❤』などと思います。

まだやってんの?さんより

極左暴力集団がどういう集団なのか知らない沖縄県民が大勢いると思います。
極左は元々。共産党内の一派で、昔、共産党は暴力革命を掲げ、テロ事件、ゲリラ事件を起こしましたが、次第に国民の支持を失っていった為に、結局、暴力革命を放棄しました。しかし、暴力革命を続けるのを止めないのを宣言したグループが共産党から独立しました。これが極左暴力集団です。後に中核派、革マル派、日本赤軍などに分派しました。

まだやってんの?さんより

極左活動家は日本中で闘争を繰り返してきました。
佐世保エンタープライズ入港反対闘争、成田空港反対闘争、よど号ハイジャック事件、浅間山荘事件、テルアビブ空港銃乱射事件など数えきれないテロ事件、ゲリラ事件を起こしてきました。
沖縄でも国体で来沖した皇太子(現上皇)に火炎瓶を投げつけるテロ事件を起こしました。

まだやってんの?さんより

内地の人達は極左暴力集団がやってきた事をよく知っています。
しかし、沖縄の人達はほとんど知りません。
ですから、沖縄の人達は辺野古の移設反対運動やこれまで長年続けられてきた反米軍基地運動を見て、こう思っています。

『沖縄県民による純粋な反対運動❤』

そうかな?。さんより

若者・現役世代は、仕事・生活に追われて、抗議行動に参加できない。
だけでは?
皆さん選挙には行きます。
高齢者は引退して時間が出来たので、行動をおこしてくれているのでは?
選挙だけの意思表示だけで、抗議行動をしなければ、
政府は沖縄は歓迎してくれている。
と判断しますよね
いろんな形で意思表示を!
と思います。
法にふれる行動をしてしまったら良くないです。

まだやってんの?さんより

内地の人達の頭の中には相関図が出来ているのです。
あの事件とこの事件の実行犯は同じ極左グループの仲間じゃないか!!
あの事件の背後には左翼政治家のT,TやF,Mがいて、こいつら他の事件にも関わってるぞ!!などです。
しかし、沖縄県民の頭の中には相関図などなく、沖縄の反基地運動が『沖縄県民による単独の反対運動❤』に見えているのです。

まだやってんの?さんより

極左活動家達の闘争の歴史を知らない沖縄県民が私のコメントを読んだらこう思うのです。

『ここは沖縄の話題をコメントするところなのに、沖縄に関係ない成田の話とかしちゃってさ、バ○じゃないの?❤』

こういう人は無知ゆえ頭の中に相関図がなく、沖縄の反基地運動と極左が起こしてきた他の事件とが頭の中でリンクしないのです。

まだやってんの?さんより

極左暴力集団は当初、日本に革命を起こし、日本を共産化する事を目標にしていました。
しかし、テロ事件やゲリラ事件を起こして罪のない人々を無差別に殺傷した為に国民の支持を失いました。
それで目標を変更し、今度は沖縄を赤化し、沖縄を日本から独立させる事にしました。
それには米軍基地や自衛隊基地が邪魔になります。
それで極左は沖縄で反米軍基地、反自衛隊基地の闘争を始めました。けして、沖縄の為に闘争を始めた訳ではなく、実際は沖縄の事などどうでもいいと思っています。
こんな極左活動家を見て沖縄県民の大半はこう思っています。
『沖縄の為に頑張る良い人達。❤』

まだやってんの?さんより

いくら沖縄でも、沖縄を共産化させ日本から独立させたいなどとバ○正直に言えば県民の支持は絶対に得られません。
ですから、極左はそれじゃ沖縄県民を騙すかとなるのです。
極左は自分達の本来の目的を隠し、基地を押し付けられる沖縄の為に闘う平和の戦士を演じるのです。
こんな極左の事を多くの沖縄県民は『沖縄の為に頑張る良い人達。❤』と思ってきました。(←過去形)

まだやってんの?さんより

しかし、インターネットが普及してから、情報源が多様化し、そのまで以前の沖縄の情報源は琉球新報、沖縄タイムスの二紙しかない状態から脱却しました。
これ以降、沖縄の基地反対派の正体を知る沖縄県民が爆発的に増えたのです。
インターネットが使えない年寄り=反対運動に熱心。
インターネットを使いこなす若者=反対運動を覚めた目で見ている。となりました。

レバ刺しさんより

学生時代に社会の授業で
ある程度は習ってるはずなのに、
アラフィフの私の周囲には
学生運動、赤軍・連合赤軍
革マル派・中核派、三里塚闘争
三島事件などを知らない人が
結構いる。
当時も興味が無かったし
今も無いんだって。。

まだやってんの?さんより

↑つまり沖縄県民の多くは沖縄の反基地運動と極左がこれまで起こしてきた闘争、テロ、ゲリラ事件とが頭の中でリンクしていないという事です。
しかし、内地の人達の頭の中ではリンクしています。
ですから韓国での従軍慰安婦問題、徴用工問題や関西生コン事件と辺野古の反対闘争をやってる奴らは仲間だと気づいてますし、それ故に辺野古に関西弁の活動家や韓国人活動家が紛れ込んでいる事に納得しています。
ですけど沖縄県民の多くはこう思っているのです。『韓国や関西からわざわざ来るなんて、なんと沖縄思いで良い人達なんだろう。❤』

だっちゅーのさんより

すごいね
毎度毎度のローガイ
しつこいから全く読む気がしないけど自分は高齢者なのに何をほざいてるっちゅーの

まだやってんの?さんより

毎度毎度のローガイは懲りずにいつまでも反対反対を連呼してる沖縄の輩だけど?日本中がそう思ってる。
それにしても無知と洗脳って怖いな。

まだやってんの?さんより

>>だっちゅーのさん

沖縄の若者達も沖縄が日本の老害県だと気づきだしたんだと思うぞ。
老害のデニーがまた懲りずに税金を使ってアメリカに行くらしいな。
またまた内地の人達の沖縄批判が始まるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です