【自然】サンゴが死滅して行く海

= 即戦力 =さん

自分が良く足を運んでいる海岸での印象なんですが
ここ10年程度の間でサンゴの死滅が進行している気がします。

色が茶系の枝サンゴが生きていた海だったのに
年々サンゴの死滅が進み、今では消滅してしまっている。

場所的には陸地に近い付近のサンゴが減っているような。
少し離れた深い場所の同種のサンゴが元気なのが救いですけど・・・

近くの海の状況で気になる点はありませんか?

11 Comments.

アウストラリアンさんより

しようが無い、生有るモノはしぬ運命
サンゴも例外では無い
新しいサンゴも芽生えて来るでしょう

まだやってんの?さんより

サンゴは水温上昇によって白化現象が起こり、水温が上昇する原因の一つとして地球温暖化が考えられています。 また、二酸化炭素によって海洋酸性化が進むことも、サンゴの死滅に繋がります。 ですから、二酸化炭素の排出削減をすること、地球温暖化対策をすることが、ひいてはサンゴを守ることに繋がります。

まだやってんの?さんより

もっとも多くの二酸化炭素を出しているのは中国
中国は、世界最大のエネルギーの消費国かつCO2排出国となっており、それぞれ第二位の米国(2020年に一次エネルギーの消費量が世界の15.8%、CO2排出量が同13.8%)との差が開いている。
中でも中国の多さが目にとまる。中国だけで世界の3割強もの二酸化炭素を排出している計算になる。

まだやってんの?さんより

沖縄の珊瑚の死滅に最も大きな影響を与えているのは中国です。
中国の経済発展に比例するように沖縄の珊瑚の死滅は増えていきました。
これからも中国は大量の二酸化炭素を排出し続けます。
ですから沖縄が環境保全に努めたくらいでは沖縄の珊瑚の死滅は防げません。

まだやってんの?さんより

デニーと沖縄タイムス、琉球新報など沖縄メディアは中国が排出する二酸化炭素で沖縄の珊瑚が死滅して行ってるという事をよく知っています。
知っていながら沖縄県民には黙っています。
つまり都合の悪い事は県民に教えないのです。
これが報道しない自由というやつです。

移住9年目さんより

長年ダイビングをやってますが、最近特にサンゴが死滅している印象はありません。
サンゴにダメージを与えるのは、海水温の上昇(30度以上が一定期間続く)、農地開発による赤土の流入です。
ここ2年ほどはサンゴにダメージを与えるような海水温の上昇はありません。
即戦力さんの気になさってる場所で何らかの土砂の流入があったのかもしれません。

即戦力さんより

移住9年目さんコメントありがとう。
この件は最近の出来事ではなく、数年前から発生しています。
エギングに行く関係でポイントを観察しているのですが
約10年前は枝サンゴが元気だった場所が、気が付けば死滅した箇所が数か所。
2m×1mサイズが消滅している。陸地に近い場所がやられているのです。

まおりさんより

世界最大を誇る珊瑚礁群オーストラリアのグレートバリアリーフ
なぜか半分ほどは白化現象を起こしているらしい
すげーなー中国、南半球オーストラリアのサンゴまで死滅させているか

まだやってんの?さんより

環境省那覇自然環境事務所は9日、沖縄県の石垣島と西表島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」(せきせいしょうこ)で発生している大規模な白化現象についての調査結果を公表した。

今回の調査結果によると、少なくとも一部白化したサンゴが97%に達し、死滅しているものが56%に上っている。(産經新聞)

まだやってんの?さんより

石垣周辺の海上では中国の艦船が毎日の様に領海侵犯し、海中では中国が排出する二酸化炭素の影響で珊瑚がどんどん死滅して行っている。
これらの問題には一切目を向けず無反応を貫くデニー知事。
彼はこれまで県民の為の仕事を何一つしてこなかった。
本当ならリコールされて当たり前なんだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です