【蛇】まずはタイワンハブを駆除しておかないと

= 内勤希望 =さん

嵐山ゴルフ場の跡地で計画中のテーマパークは「JUNGLIA(ジャングリア)」という名前だと公表された。ユネスコ世界自然遺産に登録された「やんばる」の大自然を活用したアトラクションやエンターテインメント、リゾート体験ができるテーマパークが出来るらしいね。

ところで、名護市と本部町にまたがる地域と言えば、外来種の毒蛇タイワンハブが生息する中心地であったような・・・あの辺は危ないんじゃないの?

ウチナーンチュは長い年月で培われたハブに咬まれない資質をDNAレベルで取得してしまったので、近年はハブ咬傷も減少しているけれど、テーマパークに訪れる利用者は免疫がないので危険に遭遇してしまう可能性が高いと思われる。
施設の建設と並行してタイワンハブを限りなくゼロに近づける撲滅駆除作業を実施する必要がある。ハブに咬まれたなんてことが発生したら、沖縄のイメージダウンは避けられない。個人的にと~ても心配なのです。

そこで、もしタイワンハブの駆除に取り組むのなら、ハブトゥヤーの手が足りないのなら、毎日暇を持て余している私も協力したいと思う今日この頃。アルバイトの募集はないだろうか?微力ながら世の中の役に立ちたい!

9 Comments.

ワンさんより

タイワンハブの繁殖力はすごいので捕まえても捕まえても出てきます

じゃの目かささんより

ハルサーウージトーサーならいざ知らず
観光客、一般人がハブに遭遇すことは無い
札幌市内でクマに出会うようなものだ

あなたは自然界の生ハブを見たことありますか

発達障害さんより

>札幌市内でクマに出会うようなもの

これは実際に会うんですよ今
中央区大通公園に熊がヒグマが出るんですから

だからと言って熊を全滅させろ駆除しろゼロにしろ
とは言わないですよね

カムイのふりさんより

奥武山総合運動公園セルラースタジアム那覇にもハブ注意!!の立て札(看板)
那覇市街地にもハブ出没!

札幌市のひぐま
ヒグマは札幌市の南区と西区に出没していますが
南区は札幌市の面積の約半分を占める。
札幌の西及び南の部分に当たる両区ですが、南区の半分は山地です。
余市岳や無意根山、札幌岳の山頂は南区にある。
「札幌市にヒグマが出た」と言っても市街地にヒグマが出たとということでは無い。
南区の半分は市街地で半分は山地で、南区の中央の西半分は山地。
「札幌の奥座敷」と言われる定山渓は山の中の温泉地ですが、定山渓も札幌市南区。

恐怖ハブ男さんより

那覇でも普通にハブいるのに、遭遇しないなんて夢物語を語る人がいるんだね。

としおさんより

「ハブ咬症注意報」などを発表している沖縄県保健医療部衛生環境研究所や保健所に聞くとバイト先をおしえてくれるかも・・・。

内勤希望さんより

>タイワンハブの繁殖力はすごいので・・・

それはどうでしょう。根拠ありますの?

発達障害さんより

>「札幌市にヒグマが出た」と言っても市街地にヒグマが出たとということでは無い

いやだから大通公園に出たってば。
中央区だよ。
何で調べもしないの。

ちぶる悪い人が苦手ですさんより

ハブ対策ならちゃんとやるのでは?
末端の土方は沖縄人だとしても上に行くほどないちゃーなんだから。
あの広大で緑豊かな海洋博公園でも観光客がハブ被害にあったと聞きませんが(一件たりともない!と言ってませんから反論の為に必死になって被害者を探さなくても良いですよ)
(11月30日0030記入)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です