【教育】県立高校入試出願

= パイン =さん

県立高校入試の出願状況がでていましたが、開邦、那覇国際が定員割れになっていますが、昔は倍率が高いイメージでしたが、最近の傾向はどんなでしょうか。

26 Comments.

シギーさんより

開邦、那覇国際が定員割れ
この2校は進学校として人気だ(開邦は競争率自体は低い年が結構あったが)。ここ2年程は、中学の内申点の付け方ががらりと変わり、所謂テスト等で高得点を出せる生徒も、高内申点(平均4.6以上など)を出すのが非常に難しくなった。
県立高校入試では、入試試験当日の点数以上に内申点の比重が大きいので、安全策でひとランクほど低い高校の受験に切り替えるパターンが顕著。
なので、上記開邦や国際などを目指していても、内申点が4.0前後などの場合は、いくら学力(定期テストで中学の上位3%~5%、模試の得点でも235を最悪でも得点できる)が高くても、首里や那覇などへ流れ、玉突き現象の様に首里や那覇から那覇西・小禄・浦添へ流れる現象が起こる。
内申点が低いと(4.0未満)、学力が高く、模試等で軽く240点を出し、250点程度も普通に出せる生徒でさえ、開邦や国際などの受験は躊躇してしまうだろう。
これは、決して開邦や那覇国際の人気が凋落した訳ではない。唯々、受験生・その保護者・中学担任・受験指導・塾等の指導で、内申点と睨めっこをした結果の安全策だと思われる。なので、首里や那覇を頑張って目指そうなどのギリギリ当落上の生徒は、余程気を引き締めなければならない。それより下位の高校も同様の理由で足元をすくわれ無いよう、気を引き締めて受験勉強に励みましょう。

通信簿の制度は無茶苦茶さんより

通信簿のつけ方が昨年から劇的に変わったから。
テストで8割以上とろうが、
提出物を全て出して中間・期末以外の小テストの点数、
何より先生の独断と偏見による加点がないと5は取れなくなりました。

特に感心・意欲・態度…先生の独断と偏見でしかつけることが出来ない項目です。
席次で上位1割に入ろうがこの項目がB評価なら4しか取れません。
提出物がそれなりなら席次で上位1割でも2か3しか取れません。

あたりハズレ、好き嫌いがある中学の先生ガチャで進学先が変わる沖縄の高校入試制度、本当にやめて欲しい。
高校入試は本番のテスト一発勝負で良い。

チェリーさんより

21人不足って那覇国際は全入時代に突入したんですね。たしか去年も定員割れに近かったですよね?
那覇高校や首里高校が新校舎になってから人気が下がったのは関係あるんですかね?
那覇も首里も最近コンスタントに琉大医学部や旧帝大等の偏差値高いところへの合格者出てますね。

スケさんより

内申点もあるけど、今の子供たちの意識も変わってきているみたいですね。どうしても開邦、国際に行きたいから頑張るんだって生徒より、今の自分の力で確実に受かる首里、那覇で十分って子達が増えてきている気がします。昔はこだわりを持った子がいるから開邦、国際も一定の倍率があったが、本当に時代が変化してますね。

ころさんより

那覇国は人気が高かった割に出口の大学進学の成績が振るわないし、便利な様に見えて実はモノレール駅も58も遠くて近辺の道も細く、おまけにバスも少なくて通学に骨が折れる。琉大行くならわざわざ那覇国じゃなくても首里那覇浦添でユルく高校生活楽しめばいいんじゃない?
更に上を目指すならもちろん開邦だよね、って感じじゃないでしょうか。

ライチさんより

高校は定員割しても定員内不合格を出します。
沖縄もそうです。
那覇国際受験者のレベルも一昔前と比べると上がっているので一定ラインにはないと怖いです。全員合格は無いと思います。
内申の付け方が変になって、苦しんでる中学生が増えているのはあると思います。
人気が下がったからとかではないと思いますよ。
あと、この掲示板は嘘も多いです。
大学の進路実績は悪くないですよ。
県外難関大学(特に文系)もわりといます。

ゆいまーるさんより

今年は陽明や豊見城、中部は宜野湾高校にも志望者がバラついてるので、一極集中が緩和されてきてはいますが、それでも、那覇地区は毎年首里、那覇、浦添、小禄ラインはいつも定員オーバーする。
理数科は避けて普通科に集まっている。

偏差値が高いとは言えないけど、昔、高校が少なかった頃は割と人気のあった真和志や首里東高校はいつも初回は定員割れ。
高校浪人を出さない為にはもう少し色んな高校に平均的に希望者が増えるといいですね。
その為には学校側も魅力をアピールしていかないとね。

ナナホシさんより

ころさんより
そう思います。激しく共感してます!那覇高校近くにはどんどん予備校が建つのに那覇国際近くには少数で昔から変わらない予備校ばかり。
予備校は来てほしい学校の近くに建つと思うのと、那覇高校の方が難関と言ってる現役受験生が私の身近にいます。
あと、駅から遠いのもネック。
内申点の付け方は県外と統一してほしいです。

ミントさんより

首里、那覇高校も県外志望は増えていると思いますが、県外私大でGMARCH以上はまだ那覇国際に及ばないみたいで不明です。

旧帝一工に関しては首里、那覇は2023はカウント無し、
国立はほとんど琉大と思いますが、首里より那覇が多いのは、おそらく首里がだんだん県外思考にシフトしてる子が多いからでは?!

沖縄の高校生も意識が上がっているので、数年後にはまた進学実績に変化はあるかな?!
どの高校も高め合うのは良いと思います。

2023進学実績
(※みんなの学校情報より)

那覇国際
旧帝大+一工9人
国立大(旧帝大を除く)143人
早慶上理ICU13人
GMARCH19人
関関同立9人

首里高校
国立大(旧帝大を除く) 71人
県外大学
GMARCH以上の集計不明

那覇高校
国立大(旧帝大を除く)103人
GMARCH以上の集計不明

シギーさんより

この沖縄県立高校を受験し、東京圏または関西圏のトップ層の私立大を目指すならば、無理をして(学力は高いが内申点が低い場合など)開邦や国際や那覇や首里や球陽を目指すのではなく、泊校や真和志校に入学するのはどうだろうか?
その二校は入試倍率も1.0倍を遥かに下回っており、まず間違いなく合格するだろう。そして、高校入学後も余程欠席が多いなどの理由以外で留年するなどの心配(成績での落第)はないだろう。むしろ、授業中に内職がしやすい環境ではないだろうか?
上記の様な、早慶上理ICU・同志社などの一般入試で必要な、英・国・世界史・日本史・政経など3~4(古文漢文含め)の徹底対策の為の時間が取りやすいだろう。何故だか、県立高(一部沖縄の私立高含め)は、大学進学となると琉大を含む国公立を猛烈に推してくる。そうすると、共通テスト対策以外の科目も授業、課題、定期テストの為、優良な私大での受験勉強には関係のない科目=理系なら国語や社会系、文系なら理科系科目や数Ⅲなどの授業や定期テストなどに追われ、私大入試に必要な科目の勉強時間を充分に取れない。
その回避のための下位高校進学で、楽に進級卒業でき、内職もしやすく、無駄な宿題や、受験に不要科目の定期テスト対策などの時間を受験勉強に割ける。
これは、私立大対策(一般入試)に限っての話だが、最近は同じような理由での通信高校やN校などの進学者も多い。
高校受験生は、先の先を見越し、高校選びをしてみては如何でしょうか?

くりぼっちさんより

今年の各校受験生(中3)の全国模試偏差値分布図によると、

71~66 開1 (日比谷高校主席レベル相当)
65~61 開3 那2 国1
60~56 国10 那1 球1 首1
55~51 国9 開7 那6 球5 首4
50~46 国5 那6 首6 開2 球2
46~41 国1 那6 首3

やっぱり人気の那覇高校志願者は上位にいますね。那覇国は定員割れで上から下まで幅が広い。沖縄に日比谷相当レベルがいることに驚き。

ミントさんより

数年前の那覇国の倍率が上がった年に那覇に変えた子達の年代が偏差値上げてるのかな?
最終的に県内高校の平均が底上げされるのは良いのでは。

ミントさんより

那覇国と那覇では高校入る時の合格点が2、30点違うけど、那覇国が二次募集でそれより低い子を入れたら一気に平均点が下がります。

那覇は入る時に那覇国より良い大学実績を出せるんだったら、学校の中身が良いって事でしょうね。

Nさんより

昔は那覇高は部活が20時位にしか終わらなくて予備校も通えませんでした。開邦は18時には終わると聞きました。
那覇国際は知らん。

まーさんさんより

単純に安全圏をとって中位下層へ流れているだけだと思うけど。二次募集で開邦、那覇国際を得点200付近の子達が受けて受かるのか。首里、那覇の上位層は開邦那覇国行けるけど勉強そこまでしたくない、部活やりたい、家が近い等元々目的があって選んでいる子が多いと思う。小禄、豊見城が定員オーバー、この子達どうするんだろか。

めーめーさんより

偏差値50以下の普通科(豊見城など)に多くの受験生が集うことって、なんだか不思議ですよね。

吉さんより

内申点の付け方が変わったから。評定3の幅が広がった。つまり点数は取れても評定が悪化したから。ランク下げに見えるようになった。実は違う。3年以上前の高校入試のイメージは通用しない。この高校は誰でも入れるなどと思い、分からないでいると、我が子は高校に入れないという悲しい結果が増えるかも。(学力が下位層)

那覇は良くないよさんより

那覇は進学実績良くないですよ。国公立での名桜の割合が高いです。那覇国や首里では名桜なんてほとんどいません。県外国公立も那覇国や首里は琉大以上の国立大がメインですが那覇は名桜クラスの公立大ばかりです。私立も同様で、那覇は沖国以下の私立大がほとんどです。受験人気はあるけれど学力と進学実績はどんどん落ちています。

めーめーさんより

上の方に「内申点は先生の主観があってけしからん」というような意見の方がいらっしゃいますど、本当にそうなのでしょうか?少なくとも、私はそうは思いません。反対にテストの点数で決まることの方が世の中少なくないですか?受験や資格試験くらい?
職場の上司や同僚たちと円滑にコミュニケーションを取れることや、家族や友達と相談協力できることの方がよっぽど重要なのでは?今の内申点はそれっぽいように見える(聞こえる)ので、本質的だなぁなんて思っています。だって人間は社会的な動物ですからね。

シギーさんより

めーめーさん
高校受験という、本来は平等に、そして公平に合否が決まるべき試験で、学校(中学)の教師の主観で点数付けをされてしまうのがおかしいと言ってるのでしょう。
私もこの2年程の内申点の付け方は明らかにおかしいと思いますよ。
内申点の付け方がこの様な、教師単位・学校単位で変わるのなら、その点数は高校受験の合否に絡めるべきじゃありませんね。何故なら不公平だから。
どこそこの中学校では多くの生徒が内申点が良く、他校では逆で悪い。入試試験の点数(300点満点)だけではとてもじゃないですが沖縄県立高校入試での逆転は難しいでしょう。しかも入試では内申点の比重の方が大きいのですからなおさらですね。
「職場の上司や同僚たちと円滑にコミュニケーションを取れることや、家族や友達と相談協力できることの方がよっぽど重要なのでは?」とありますが、その点数付けを「公平」にできますか?客観的基準もなく?点を付ける教師は別なのに?
その様なEQ的な判断は「就職時など」でされるべきものでしょうそう、就職面接などでです。
進学に関しては「学力」、若しくは「体力・運動的能力」(スポーツ進学など)で判断され、合否が決まるべきですよ。
何て言うのか、「勉強を極めた人は勉強しかしてこなかったんだ?と欠陥人のように言われてること」が多い、そんな風潮があると感じてしまうんですよね。この「テストの点数や勉強を頑張ってる事」を低く見たり、否定してる観すらあることに。
中学受験組が年々増加してるのは、そう言った雰囲気が嫌だからという理由があるからかもしれませんね。

シギーさんに激しく同意さんより

シギーさん

同意します。
クラスによって教科担任も違ったりするので、あのクラスは先生が優しいから4取りやすい、とクラス単位で不公平感があります。
席次上位でA⚪︎を取っても、3観点評価の1評価でしかなく、意欲、提出物の内容が普通だと、3しかもらえません。
大学受験は、本人の頑張りで点数が伸びれば上位校も狙えるのに、高校受験は内申が邪魔をして途中から頑張っても上位校が狙えない。内申を重要視するのは推薦だけ、あとは参考程度にしてほしいなと思います。

通りすがりさんより

4kといわれている学校は、内申点と得点の比重は、4:6ですよ。つまり当日の得点の方を重視してます。
(もしかしたら那覇とか首里とか他の学校も?)
県教育委員会のHP、入試のとこに学校別でどのような比重なのか書いてます。自分の子が受験生だったのでよく覚えてます…)

私は、当日の点数は6割、内申4割でみるのが妥当かなーと思います。

沖縄も東京のように私立高校実質無料化だったら、お金なくても私立行く選択があるのになと思います。まあ沖縄の経済の現状考えると難しいですけどね…

むつおさんより

受験とは無関係赤の他人です
今の大人の社会を見てみると、高校時代に4Kだ首里だ那覇だと騒いでいても
そんなのぜんぜんカンケーねーじゃねーか
と、思う
沖縄県知事は前原高校卒業、那覇市長は沖縄大学卒業
やっかからとーだい出た優秀な方々は何処に潜ったんだろうか

シギーさんより

通りすがりさん
内申と入試試験が40対60(開邦など)や45対55(那覇など)の割合で判断してるのは知ってますよ。
ただし、入試試験(300点満点)内申点(165点満点)の得点を偏差値化し、A~C判定に分け合否を決めるのはご存じですかね?この得点だと、内申点の「1点」は入試試験の点数では約「1.7点」となり、入試試験の得点での逆転合格は、かなりの難易度だと理解できますか?仮に内申点で「10点」(165満点)の開きがあるとするならば、入試当日には「17点」を余計に出さなくては同点にすらなりません。これは、300点満点の試験ではかなりの差となり、ほぼ同じ学力を有する(と思われる)受験者同士の争いでは致命的点数差です(尤も偏差値化した場合は若干の異なりがあると思われるが)
それが、開邦高校受験の様に6:4と薄められていても、やはり「内申点の比重が大きい」事には変わりがありませんね。
むつおさん
「今の大人の社会を見てみると・・・ぜんぜんカンケーねーじゃねーか」と思われるみたいですが、あなたの出されてる知事や市長ってあくまで「沖縄県」に限った話ですね。なので「今の大人の社会」の話ではなく、「今の沖縄県」の大人の話(しかもごく一部)ですね。たまにいらっしゃる、ごく少数の例を持ち出し、恰もそれが普通の様に書かれてますが、それは稀な例でしょうね。
薬科から東大出て云々も同じように、その方達の進路をご存じないだけで(政治家なんぞ歯牙にもかけてないかもしれないですよ)「東大出身でも○○」みたいな稀な例を持ち出すのでしょうか?あなたが例に出した高校や大学は、その○○が大半なんじゃないですかね?高校数学レベルでも、統計や確率の基礎は学べますよね。だとしたら、稀な例をお出しになるべきじゃない事くらいは分かりますよね?

めーめーさんより

シギーさん、ご返信ありがとうございます(^^)

決して私は論破したい!などと考えてはおりませんが、楽しい状況なのでもう少し乗っからせてくださいね。気分を害してしまった場合は、ごめんなさい。

現在の高校入試において内申点の大小が受験生たちの進路選択に大きな有利不利を生み出していることは知っているつもりです。

高校(および大学)は本来義務教育ではないわけですから、学問や探究に意欲的な学生や技能能習得を目指す学生がそれぞれの高校や学科を選択すべきだと考えられます。しかしながら、昨今は高校が実質の義務教育化し、全国的に公的な補助も多数ある状況が広がっていますね。それは行政や教育者らが”こうあるべき”と考える学問像よりも、将来の経済や県民・国民の声を優先的に受け止めた結果だとも言えると感じます。ときに大学は「就職予備校」と揶揄されますが、理想はともかくそのように機能していることに社会の構成員の多くは賛同・納得している現状があるのではないでしょうか。それはそう声をあげていなくとも、です。

そのような社会や時代の背景がありながら、中学校での評価基準およびそれを利用する高校入試、加えて大学入試でも総合型の割合が増えていることから「勉強+α」が優秀さの前提になっているのだと私は感じています。得点力はいくらかの優秀さを担保するのでしょうが、「それだけじゃ物足りない」というニーズの高い世の中になりつつある(もうなってしまった)のだと考えます。先日とある書き込みで「最近は、IQ100でも生きづらい」というフレーズを見ました。まさに「普通以上」が求められている昨今を表すワンフレーズだと感じました。15歳までにそれを求めることは酷である、という意見もお有りでしょうし、それには私も賛同します。一方で、各学校が求める基準を確かにクリアする(勉強+α)を有する学生が一定数いることもまた事実なのでしょう。

そんな周囲状況も巻き込みながら、私は今の中学校での評価などを「(現代において)本質的だなぁ」と感じています(^^)駄文&長文で失礼いたしました。おばさんの独り言でした。

通りすがりさんより

シギーさんどうもありがとう。確かに数点の差で凌ぎを削る上のレベルの高校では、6:4だとしても内申点はとても大きな比重になりますね。わかりやすい。でもレアケースかもしれないけど、当日体調悪かったり実力発揮できなかった人にとっては内申点は3年間の積み重ね(なんか貯金とか保険みたいな?)としてある程度認められていいのかなと思いました
また、内申があるから普段から授業も手を抜かずにがんばろうという意識づけにもなるのかもと思いました。中学生は特にね!

スレ主のパインさん。
この内申点の付け方(評価の仕方)が1、2年前からなので、各高校で新しい基準が出てくるかもしれませんね。
とにかく、受験生たちチバリヨー!ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です