【自己】発達障害ではないかと疑う

= 内勤希望 =さん

最近、気になるラジオCMがあります。
それは発達障害に関する理解度を高める呼びかけ。
アレやソレではうまく伝わらないので、具体的に指示をしてあげましょうと。

このCMを耳にすると考えてしまうのです。自分は発達障害ではなかろうかと。
この年齢になるまで、露ほども思ったこともなかったのに。
おきうわに出入りするようになってから気になっているのです。
その最大の理由は書き込まれたコメントの意図することが理解できないこと。
「これ? どういう事? 何を言っているのだろう?」
何を指しているのだろうか分からないことが多々あるのです。
この意味が理解できないのは、自分が発達障害だからではなかろうか。
何だか不安に襲われるようになりました。
コメントの意味が分からなくて困惑することはありませんか?

ちなみに、コメントの意味が理解できないのは、する方に問題があるんじゃないのとの思いもあるけど・・・それに触れるのは藪蛇ジャー。

13 Comments.

匿名さんより

それはね、内勤さん、あなただけではなく多くの沖縄人に当てはまることですから沖縄で暮らすかぎりにおいては気になさらなくても大丈夫ですよ。
そんな人だらけですから。
恥をかくのは内地で暮らしはじめてからです。
何から何までレベルが違いますから。
ま、仕方ないです。
平均学力が全国サイテーなんですから。

だから?さんより

以前からそう思ってましたよ
不思議でも何でもない
食欲の人もでしょう

春が来たねーさんより

10.10匿名さんって、県外の方ですよね?
とても沖縄の方をバカにしてるような書き込み(><)
何度か掲示板覗いたらその様な方が居たので同じ方なんだろうと思いました
残念でなりません

匿名さんより

18:34さん、
私は大卒(←自慢じゃなくて事実ね)後ずーと内地暮らしで沖縄に帰ってきた沖縄人です。
沖縄人を悪く言うのはないちゃーに違いがないと言う沖縄人にありがちなステレオタイプな思い込みでしょうか?

井の中の蛙。

それはそれで沖縄から出なければ幸せなのかも知れませんね。

匿名さんより

18:34
ここはないちゃーも見てます。
沖縄人の悪口を言うのは、
ないちゃーに違いがないと言う頭の悪い思い込み。
それはないちゃーに、沖縄人って頭が悪いんだなー!と思われるってこと、それはつまり沖縄人ヘイトです!

Kodomoさんより

いつもの子供ちゃんは、自身でしまんちゅって言ってるよ。
俺も能力低いけど、沖縄では平均値が低いから沖縄レベルの中では高く見られるからとてもありがたい。
子供ちゃんも内地からしたら、レベルが低いのだろうと透けて見える。
それでキャンキャン吠えているのが微笑ましい。

発達障害さんより

発達障害はきちんと診察受けないと駄目ですよ
幼少期からの通信簿だとか色々提出しますし
自称発達障害なんてほぼほぼ発達障害ではないです

どうでしょうかさんより

発達障害は凸凹があって
できすぎる
できなさすぎる
が普通よりありますが

発達障害だからこうだってのはないです

人が全員がら同じ性格はいないし同じ価値観でもない
同じくらい理解力あって同じくらい勉強できるもない
コミュニケーションもそう

だから発達障害だからはなくて
皆んな違いあります

知能はかなり高い人も多いし理解力もかなり高い人も多いです

知的障害とは別で違うけど区別できてない人多いですよね。

発達障害と知的障害両方ある人はいます。

発達障害だけだと個性的なだけで普通に医師にも教師にも、どの職場にも沢山います。
専門職や手に職の方が誤解とか生きづらさは少ないかも。
芸術家とか、研究者。

生きづらさも周囲の理解がないからなだけですけど偏見はなくならないから辛いのはあるかも。

内勤さんの場合は自我や自己中心に育ってきたり
相手の気持ちを考えてごらんなどや、相手の立場になって考えるなどを親御さんから小さい頃からあまり教えられなかったのはないですか?
なかったとしても自分が辛い傷つく経験をした事があれば、こんな辛い気持ちにと想像できたり理解できたりします。
あまりそれもなかったですか?

匿名さんより

自分が拒否されると無理に相手を精神病にするのはストーカーの決まり文句らしいね、#ストーカー犯罪

もっと理解をさんより

コメントの意図することが理解できないとおっしゃっているので、文字だと後から確認したり答えたりできて「今」すぐのじゃないですよね。

「アレやっといて」「適当でいいよ」「だいたいで」がどれを言ってるのか
どれくらいなのか
発達障害の人は多くは、その時その時、今の事に集中してしまいやすくて、アレがいつの何かがわからなかったり
適応にやだいたいでの抽象的なのは
どれくらいなのか、はっきりしないと
キッチリ細かく詳細に考えがちでどうしたらよいかわからないが多いと言う意味です。
例えば何センチくらい、あと何時間くらいなどや
アレやソレじゃなくて物なら指でさしたり
以前の出来事なら具体的に言ってあげたり
と言う事です。

会話で聞き返すタイミングがなかったり、何度も聞いて嫌がられたり怒られたりの経験が小さい頃から積み重なり、聞くのができなくなっていたり
聞いても嫌な雰囲気になったり誤解されたりが続けば誰でも辛くはなりますよね。
その度合いが普通より多いと考えてあげてほしいです。

発達障害でもいろいろで人によって何が得意すぎて何が苦手すぎかは違いはあります。

得意すぎるのも、それゆえに先や詳細まで考えて抽象的な表現では理解できない場合もあったり

苦手すぎるのは、具体的に伝えてくれないとどうしたら良いか理解できない場合もあります。

急な変更もどうしたらとパニックになりやすいのも、詳細に予定ややる事を考えていたか何かで急に変更に曖昧にや適当にが苦手な人にはパニックになってしまいやすいなど。

今の事にだけ集中していまいやすいから、忘れっぽいや失くしたりも多い

周囲からはだめな人だと思われ小さい頃から怒られたり注意ばかりで自信をなくしてしまい自尊心が普通よりかなり低くなる

言葉で伝えるのも頭の中はいっぱいすぎて
上手く話せず気持ちを伝えられずに誤解されるが多い

文字のやりとりでなら、すぐに今じゃないから後からゆっくりやりとりも
言葉を伝えるのもできやすい人も多いです。

発達障害によっては読みや書きの障害だと
それも難しい場合もありますが
内勤希望さんは学校など読みは今までどうでしたか?

トムクルーズは字を読む発達障害があり台本は録音してもらい耳で聞いて覚えるそうです。

人によって障害が何かは様々で違うのです。

障害の得意不得意の発達の違いは人により違いあるのです。

周囲は面倒でうざくなったり、それくらいわからないのと偏見は持ってしまいやすいや、知的障害との違いを知らなかったり。

発達障害の人は深く考えてしまいやすいので自分を責めてしまったり自信を無くして鬱や適応障害になってしまう2次的障害になりやすいとかです。

あまり変わりはなくて、誰でも忘れっぽいや失くしたり集中しすぎてや
得意不得意は普通に障害は関係なくある事の度合いや幅が大きくて普通より苦労や困難があると思うのがわかりやすいかもしれないですね。

そうなのかさんより

得意と苦手は普通に誰にでもあるさって思ってだけど、その振り幅がでかくて得意すぎたり苦手すぎたりが普通よりありすぎるって説明がすごいわかりやすかったです
得意すぎるのは出る杭はうたれるの餌食にもなりやすいだろうし、
苦手すぎるのはで 努力ではどうにもならないから毎回毎回何回も親にも学校にも職場にも注意受けて自信喪失なるんだろうと思うと辛いよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です