【教育】沖縄の学校制服の有無について

= ターチマチャー =さん
沖縄の中学校や高校で、離島も含め、制服のない学校(全日制)はありますでしょうか?県外出身の者ですが、私服登校の経験しかないため、沖縄の制服事情がふと気になりました。

NHKの2022年末の記事によると、沖縄の場合、制服がない全日制の高校は全体の5%未満とのことですが、どちらの学校が該当するかまではわかりませんでした。

もしご存知の方がいらっしゃいましたら、コメントお待ちしております。

11 Comments.

泡盛大好きさんより

真和志高校、泊高校は私服です。
私が知ってるのはこの2校です。
他にも私服高校ありますか??

匿名さんより

県内の高校は66校ですから5%弱と言うことは3校。
泡盛大好きさんの2校が当たっているならあと1校ですね。
うるま市のN校とか?
知らんけど。

ターチマチャーさんより

早速有益な情報をお寄せいただき、ありがとうございます!

うるま市のN高校を調べてみました。
「制服はございますが、購入・着用は所属コースにかかわらず任意」とのことで、選べるようですね。

中学校に関しては基本的に制服でしょうか。
変わったところでは、屋我地ひるぎ学園の中学校で制服にかりゆしウエアが導入されているのだそう。

また先月の沖縄タイムスで、今帰仁中学校において私服で登校OKの「NO制服DAY」を3日間実施したという記事を見つけました。

私の母校ではかえって制服に憧れる生徒もおり、たまに友人同士で「制服DAY」を自主開催する光景が見られましたので、逆パターンですね。
(各自“制服っぽい”格好をするだけで、色や形はバラバラです)

今回が初投稿でしたが、春らしく可愛いイラストも付けていただき感激しております。

セーラーさんより

沖縄県で全日制の高校で制服がないのは真和志高校だけだと思うのですが、そのNHKの情報は間違えていませんか?
検索をして記事を探してみましたが見つかりませんでした。どこでその情報を得ましたか?

ターチマチャーさんより

セーラーさま、コメントありがとうございます!

NHK長野放送局の「なぜ?長野に制服がない高校が多い理由」(2022年12月01日)というWEB特集の記事です。
長野がメインの内容で、後半の方に「全国では?」という項目があります。

URLを直接記載して良いかわかりませんでしたので、括弧内のキーワードで見つかりますでしょうか?

沖縄は5%未満としか書かれていませんので、実際に何校存在するのか、記事からは読み取れませんでした。

全国の中でも長野だけ50%と突出しているのが特徴的ですね。

たんさんさんより

制服はあった方がいいです。服代かかりますし私服で差別や色々イジメ等の問題でますよ。同じ制服を着る事で余計なトラブルを未然に防いでいます。

ライズさんより

私も制服あった方がいい派です。
理由はたんたんさんと同じで、制服が高くて購入しずらい方のための学生服リユース店もあります。

匿名さんより

さいきん高校で女の子のズボンOKになったらしいね
おじさんは嫌だな
JKの太もも見てたいな

ターチマチャーさんより

みなさま、コメントありがとうございます!

学生時代に制服を経験された方や、現在お子さまが学校に通っていらっしゃる方は、着用や身だしなみについて細かなルールはありましたか?

親に尋ねてみると、制服のデザインを気に入っていた一方で、夏服と決まっている時期には寒くても重ね着禁止、冬服の時期は暑くても腕まくり禁止などの苦労もあったようです。
(昔の話なので、現在はまた変化しているかも知れません)

様々な面において、制服にも私服にも、それぞれ一長一短あるかと思います。

個人的には、服装という点ひとつをとっても、子どもたちの性格や性質に合わせた学校選びが出来るように、多くの選択肢が増えると良いなあと思います。

ちなみに私の母校の話で恐縮ですが、私服を理由とする差別やいじめは皆無でした。
なぜなら、生徒たちの育ってきた環境が多種多様すぎて、「違っていることが当たり前」だったからです。
自由な校風でしたが、いじめをする生徒は退学になるそうで・・。

星さんより

球陽高校が自由になったんじゃなかったっけ?

高校ではありませんが、沖縄高専も制服はないですね。

ターチマチャーさんより

情報ありがとうございます!

球陽高校について調べてみました。
今年2〜3月の1ヶ月間、「身なりに関する校則の緩和」を試験的に実施したとのことで、現在は従来の校則に戻っているようです。

試験的緩和に至った経緯や詳細は、学校の公式サイトや、沖縄テレビの記事に詳しいです。

今帰仁中学校でもそうでしたが、生徒側からの発案を元に、短期的であってもまず実現させてみるという取り組みは面白いですね。

制服や校則というテーマに限らず、「今行われていることはなぜ必要なのか?」「◯◯◯だからという理由は本当だろうか?」「変えてみたらどうなるのか?」などと自主的に考えて行動に移す経験は、生きる力を増してくれるような気がいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です