【台湾有事】沖縄県民の知らないところで着々と進む避難計画

= 食欲の秋 =さん

玉城デニー沖縄知事が辺野古新基地反対‼
自衛隊増強反対‼とやってる中、他県では台湾有事での沖縄県民の避難先確保などで忙しく立ち回っています。

山口県は、ことし2月、受け入れ可能人数などの資料を国に提出したと明らかにしましたが、詳細は非公開としていました。
これについて、NHKが情報公開請求を行ったところ、県が、県内1025か所の避難所で38万9000人余りを受け入れることができると、国に回答していたことがわかりました。(NHK newsweb)

3 Comments.

発達障害さんより

地震や台風大雨土砂崩れなどの災害が起きた時に
台湾有事以外でもその人数受け入れられるってことでしょうか
と考えてしまいます。

食欲の秋さんより

自治体別では、山口市が209か所で7万6800人余り、次いで、宇部市が63か所で6万7100人余り、下関市が160か所で5万4700人余りなどとなっています。
また、避難が中長期化した場合に備えて、ホテルや旅館などの宿泊施設や、民間の賃貸住宅や公営住宅、公務員宿舎の空き部屋の活用も想定されています。
政府は、この資料を基に各県との間で受け入れ人数を調整していくことにしています。(NHK newsweb)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です