【平和】争うよりも愛しなさい?

= 山城 =さん

沖縄県民会議において、「争うよりも愛しなさい」というスローガンに対し、様々な意見が出ている。

このスローガンは、辺野古での闘争スタイルを変えるものではなく、保守・革新、活動家・市民・学生・家族など、あらゆる層の参加を促すために、若者からのメッセージとして受け入れたと説明している。
このスローガンに、沖縄戦の悲劇を繰り返してはならないという願いと、話し合いと友愛による問題解決を希求するメッセージが込められていると解釈している。 そして、これは県民会議の運動の根源である「戦争をさせない」「争いを起こさない」という理念に基づいていると主張する。
さらに、このスローガンは、70以上の参加団体それぞれの個性を尊重し、緩やかな運動体として活動していくというメッセージでもあると説明する。

しかし、このスローガンに対しては、一部から「軟弱である」「沖縄の運動を否定するものだ」といった批判の声も上がっている。 これに対し、スローガンの真意が理解されていないと反論し、保守・革新双方に理解を求め、県議会にも提案する意向を示している。

「争うよりも愛しなさい」というメッセージは、運動の目標や参加者全体の意志を明確に示すものではなく、多くの異論を生み、理解を求めること自体がスローガンとして不適切であるという点にある。

結局のところ、運営側がスローガンに込めた想いを参加者に伝えきれていない現状が浮き彫りになっている。

7 Comments.

食欲の秋さんより

沖縄で平和、戦争反対などと声高に言ってる奴等は皆、ニセモノなんだよ。

欧米先進国の平和団体、人権団体、動物環境保護団体は国内、国外、国境関係なく運動を展開している。
これは平和、人権、動物環境保護等は国境、宗教、人種等関係なく世界的普遍の価値観だからだ。
だが沖縄の自称平和団体は違う。沖縄や日本国内では声高に戦争に反対し平和を訴えるが、周辺国での事には知らん顔して無反応だ。
あなたは沖縄や日本国内だけで平和を訴えて、世界は平和になると思いますか?

食欲の秋さんより

ウチナンチュはなぜ平和、平和、戦争反対と声高に叫んでいる連中に簡単に騙されるのか?という事だ。
ウチナンチュって普遍とは何か?普遍的価値観って何だ?と一度も考えた事がないのだ。
だから、口先で平和、戦争反対と言ってる人間を見ると、単純に『この人は平和を愛する良い人だ。』と思ってしまう。
ウチナンチュ=単細胞という事は自称平和団体の奴等が一番よく知っている。

食欲の秋さんより

皆さん、本物の平和主義者とはどの様な人なのか分かりましたよね。
日本政府にも戦争反対、平和を守れと言う。
アメリカ政府にも戦争反対、平和を守れと言う。
中国政府にも戦争反対、平和を守れと言う。
北の政府にも戦争反対、平和を守れと言う。
これが出来る人が本物の平和主義者です。

食欲の秋さんより

沖縄県内だけ、日本国内だけで戦争反対、平和を守れと訴え、周辺国の軍事行動、軍事的挑発に対しては抗議もせず無反応。
こういう輩は外国の工作員、スパイです。
という事はあの人も?

論さんより

オール沖縄の内部紛争の件だね。
某宗教団体のロゴマークを勝手に使った問題で対立が表面化していたけど、今はどうなったのかな?
その他にも「なぜ◯◯さんが役職に就いていないのか?」という人事の揉め事もあるみたい。
人が集まると面倒なことも多いね。

ニーバーさんより

主よ、
変えられないものを受け入れる心の静けさと
変えられるものを変える勇気と
その両者を見分ける英知を我に与え給え。

戦争なんて自分のコントロール外のことなんで、夫婦円満、家族仲良し、人間関係良好。これが私の平和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です